今日は「営業で人より売れるようになるには」ということについて書いてみようと思います。

 
営業で人より売れるようになるためには、一体何が必要でしょうか?

 
人より売れるようになるためには、
人並み以上に努力することが必要です。

「売れるようになりたいな~」
と思って、ゴロゴロ寝ていても、
絶対に売れる営業マンになることはありません。

営業で売れるようになるために必要こと

 
 
ズバリ!

 
 
それは、

 
 
【質と量】です。

 
 
人並み以上に濃い「質」と、
人並み以上の「量」をこなせば、
必ず営業で売れるようになります。

 
例えば、

 
「質」とは、
その商品に対して買う見込みのある人や
モチベーションの高い人に対してアプローチをしていきます。

逆にいうと、
買う気のない人に対してアプローチをしても
労力の無駄と時間の無駄になるだけですので、
やめておきましょう。

買う気のない人を育てて買うモチベーションを上げていくという方法もありますが、
それなりに時間も手間もかかりますので長い目でみればOKですが、
短期的に数字や結果が欲しい場合は手をつけないほうが無難です。

 
「量」とは
これはひたすら「量」をこなすに限ります。

人が寝ている間、人が休憩している間、人が休んでいる間に、
どれだけ人並み以上の「量」をこなすかになります。

 
人が休んでいるときに一緒に休んでいて、
人並み以上になることは決してありません。

人がやっているときはもちろんやる。

 
人が休んでいるときだからこそ、
電話をかける、訪問する、挨拶文を送る、
お客さんのために資料を作る、見積りを作る、企画書を作る、などなど

お客さんのために、今より売れるようになるために自分が今何ができるか、
お客さんの立場に立って考えてみれば
いくらでもやることは見えてくるはずです。

ぜひ、明日からの参考にしていただければ幸いです。

広告